一人暮らしを愛する独身イラストレーター カマタミワです。

このブログでは、20年を超える一人暮らしの日常や、日々出会うかなり個性的な人々のことを描いていきます。

>>ブログを最初から読む
>>自己紹介はこちら
こんばんは。今日も来て下さってありがとうございます。

今日は、以前住んでいた町のことです。

5


その街には更に数年住んだけど、
その間に10軒以上閉店したんだよ!!!
うええええええん!!!

左腕に”死に魅入られた紋章 - mudani dekai futsuuno hokuro -”を持つ私が愛した者は、全員3年以内に死んでしまう…。
もう誰も好きにならない!!

って、一時期本気で思ってたんですが、多分違うよね。

どのお店も、一人で入りやすく、静かで落ちついた雰囲気の(つまり人が少ない、目立たない)お店ばかりだからなのかなあと。

そういうお店は大通り沿いじゃなく、ちょっと駅から離れてたり、横道で分かりづらかったりするから。

だから私!!これからはお気に入りのお店ができたら、もっと通って無理のない範囲でできるだけ注文して、存続に微力ながら役立ちたいと思った次第!
最近1軒、おひとりさま歓迎・店内で読書やお仕事歓迎・電源あります!っていう最高な店を見つけたから、通ってみようと思います。

待って、でも学生時代、私のバイト先は本当に次々潰れたな…
死の紋章…(ホクロ)
💕おすすめ💕
学生時代のバイトでの忘れられないにもほどがある出来事も是非
バイトしていたカラオケ店での忘れられない出来事

辛かった就職氷河期時代の思い出
病院の検査中に"必死にごまかした"こと

よかったら、更新のお知らせを受け取っていただけると嬉しいです。
①LINEでお知らせ
②Twitterでお知らせ
bt_Twitter
恥を捨てて書いた本もいろいろ発売中です!詳細はこちらから
bt_books

追記:
コメントでご指摘ありがとうございました!
そうですよね、事情があって閉店する場合もあるので、潰れたという表現は失礼ですよね。
修正致しました。ご不快な思いをさせてしまった方、申し訳ありませんでした。
そして、お店をされている、されていた方には、敏感になる言葉だということを教えて下さった方、ありがとうございます!お店の方とお話する機会が多いので、教えて頂けてありがたいです。
お気に入りだったお店の、紫キャベツとくるみのサラダ?コールスロー?が忘れられない。
料理名は忘れたけど。

紋章は子供のころからあるやつで、左腕にあります。
でかすぎてきもいから、会ったら見せるよ。
ここまで読んでしまったからには見せるよ。本当にきもすぎるでかさだけど。