一人暮らしを愛しすぎた独身女カマタミワです。
私のかなりひどい一人暮らしの日常や、忘れられない人々のことを漫画にしていきます。

>>ブログをはじめから読む

今日は前回の続きです。前回のマンガをまだ読んでない方は、先にこちらからどうぞ。↓
色気が欲しい話1


読んだ方は続きへ↓


加藤さん(東京ウォーカー編集長・女性)と飲みに行った時、「色気がないのが悩み。
色気を出すために何をしたらいいと思う?」と相談した所、
「色気っていうのは出す出さないじゃない、元々あるかないかだ」とバッサリ言われ…!?

なんでそこまで諦めさせようとするんだよ!ww
いいじゃない!
希望くらい持ったっていいじゃない!
 
ちゃんと付箋、赤線、注意書きまでついてて吹いたよwww
 
ちなみに、前回のブログを読んだ加藤さんからLINEが来たんですが、やはり「覚えてない」だそう笑
けど、「色気は出すものじゃない、あるかないかだ」っていうセリフは、好きな映画の中のセリフだから、覚えてはいないけど多分確実に言ってますね!って言ってた。
 
そんでこの後、こんなこと↑があったんだけど、加藤さん覚えてるー?
イエーイ見てるー?

>>次の記事

 

人気記事

パンチが効いてた服屋のおばさま

道端で男同士?の闘いを見た

驚愕!駅のホームで起きた事件

 
どこに色気を感じるかは人それぞれだから、定義ができなくて難しいですね~
 
ちなみに私が色気を感じる人は、みんな立ち居振る舞いが美しいんですよね。
立ち居振る舞いって、どうやったら磨けるんだろう…。

私ほんとバタバタ動きがちだから(そして頭とかぶつける)、ゆっくり動くようにしてみようかなあ。
でも私がやったらナマケモノっぽい生き物になりそう。。
いやだ!ナマケモノよりスローロリスになりたい!!

↑フォローして頂くと、このブログの更新情報が受け取れて、すぐに記事が読めます。


 

私のかなりひどい一人暮らしの日々を描いた『ひとりぐらしこそ我が人生』発売中!
オールカラー、描き下ろし新作漫画60ページ以上!リンク先で試し読みができます。

『ひとりぐらしこそ我が人生』[amazon]
[電子書籍版]
[楽天]

 

>>その他の書籍はこちらから!